実印を登録するにあたって知っておいた方が良い事

初心者でもよくわかる実印の作り方

実印(登録印)とは、印鑑の中でも非常に重要なものとなります。この印鑑を使用することによって法律上の権利義務が発生します。よく使用されているのは自動車や不動産の売買取引などです。これらの契約書作成や公的機関への申請の際には、印鑑証明書の提出が求められています。登録印の使用と印鑑証明書の提出によって、書類の作成者が本人であることの確認が行われるのです。この登録印の作り方はどのような初心者でもわかりやすいものです。基本的にはどんな形の印鑑(極端なものでなければ大丈夫です)でも登録が出来ます。登録申請は住所所在地の市町村役所で行います。登録する印鑑と身分証明書を持っていき、登録申請書に必要事項と記載して提出するだけで即日登録が可能となっている簡単なものなのです。

実印にする印鑑はどのようなものでも構いません

様々な手続きに必要となる実印(登録印)は住所所在地の市町村役場に印鑑を登録申請することによって作られます。つまり、高額な印鑑であっても安価な印鑑であっても登録申請さえ行えば立派な登録印となるのです。逆に言えばいくら立派な印鑑であっても、市町村役所での登録申請を行っていなければ登録印にはならないのです。前述したようにどのような印鑑であっても登録申請を行うことは可能ではありますが、三文判と呼ばれるような安価な印鑑の場合には、機械で製造しているため同じものが何本も製造されています。すなわち、偽造される可能性も考えられますので、なるべく三文判での登録は避けたほうが賢明と言えるでしょう。そして性だけではなく名も掘っているオリジナルの印鑑を登録したほうが確実と言えます。

印鑑の登録申請は誰でも可能な簡単な手続きです

市町村役所における印鑑の登録申請は誰でもできる簡単な手続きです。手続きの際に必要なものは、『登録を行う印鑑』、本人確認書類(免許証など)、登録費用(300円程度)です。役場の窓口に添え付けられている印鑑登録申請用紙に必要事項を記載し、提出するだけで即日登録されます。このように手続きとしては非常に簡単なものです。もしも役場に行くことが難しい場合には、委任状を添えることによって代理人を通じての登録申請も可能となっています。ただし、すでに他の人が登録している印鑑での登録や、大きさが極端な印鑑、また印影が明確でない印鑑での登録は不可能となっています。登録申請が完了した時点で、印鑑登録証が発行されます。この印鑑登録証を使用することによって登録した印鑑での印鑑証明が発行できるようになるのです。

大量注文も承ります。大量注文割引も実施中です。 センスあるチタン印鑑は7,980円からご案内しております。 年間数万本印鑑を出荷しており、熟練した職人数名、ご満足頂ける印鑑を貴方にお届け致します! 印鑑実印商品は10年保証付き、彫刻前のイメージを無料確認可能、5400円以上のお買い上げは送料0円! 認印書体は全12種類から自由にお選びいただけます。 お探しの実印がきっと見つかる