実印を登録するにあたって知っておいた方が良い事

いろいろな種類がある実印の字体

契約書などの様々な重要な場面で使う、個人や法人問わず大切な印鑑の実印ですが、作る時にはどんな字体を使うのかにも目を向けてみましょう。市町村役場で登録さえできれば何でもいいと考える方も少なくありませんが、セキュリティの観点から見れば、なるべく印鑑の素材以上にこだわりたい部分と言えます。真似し難く視認が難しい方がよいのですが、よく利用されるのは篆書体(てんしょたい)、篆書体をベースに八方に広がるような形にしてある吉相体(きっそうたい)の二つです。特に吉相体は字が上下左右斜めと全方向に広がっているので、運がよいともされています。デザイン性から見ても利用しやすいので、もしもどの書体を利用するのか迷った時にはこの二種類から選ぶようにするといいでしょう。

他にも使える書体はたくさんあります

印鑑登録をするのであれば、なるべく安全性も考慮したいですが、やはり書体を見ていると自分の好みの物を使いたいと思う方もいる事でしょう。他にも実印として利用される事がある字体としては、隷書体や楷書体、行書体、そして古印体などがあります。ただしこれらの字体は比較的字がはっきりとしているため、どちらかというと銀行印や認印、訂正印を作る時などに使われます。できる限りセキュリティが高い字体を使う方が良いのですが、長く使うという観点から考えると、自分の好みでなおかつできる限り第三者からもわかりにくいものを選ぶようにすると良いでしょう。使う字体や縦または横に彫るかで見え方や実際に押した時の印象もかなり違いますので、じっくりと納得がいくものを選んで製作を行ってください。

名前をどのように彫ってもらうかも考えておく

書体を決める時に、一緒に自分の名前をどのように彫るかも考えておきましょう。基本的には苗字と名前両方入れますが、苗字のみ、または名前のみで作成する方もいます。女性は特に結婚で苗字が変わる可能性もありますので、名前だけで作っておきたいと思う方も少なからずいます。印鑑を作ること自体はお店側が作ってくれるのでいいのですが、登録できるかどうかは自治体によって異なります。もしも名前だけで作りたいと思うのであれば、高い印鑑になりますので事前に自治体に問い合わせておいた方が安心して製作を依頼できます。男女の性別で人気のある字体などもあるのですが、基本的にはセキュリティを重視した上で、自治体で登録できる字体かどうかを確認して使う文字を決めるようにすると良いでしょう。