実印を登録するにあたって知っておいた方が良い事

実印を登録するときに注意したいポイント

自動車や不動産の売買契約や登録関係手続き、それ以外の権利関係の契約など様々な場面で実印の使用を求められます。印鑑証明書を添えることによって本人作成の書類であることが証明できるためです。印鑑証明書を発行するためには市町村役所での印鑑の登録が必要となります。印鑑の登録は誰にでもできる非常に簡単な手続きです。実印を登録する際に注意したポイントとしては登録する印鑑の種類があげられます。すでに登録されているものと同じ印鑑や印影が明確でない印鑑での登録は不可能となっています。また、三文判のような機械で大量に製造されている安価な印鑑での登録は、偽造の可能性を考えますとあまり望ましくはありません。フルネームを彫刻したオリジナルの印鑑を使用したほうがよいでしょう。

登録する印鑑に関する注意するポイント

基本的には、登録する印鑑はどのようなものでも構いません。もちろん、すでに他人によって登録されている印鑑や極端に小さい印鑑あるいは大きい印鑑、印影が明確でない印鑑は登録することは出来ません。数万円もするような高価な印鑑や三文判のような安価な印鑑でも登録することは可能となっています。ただし、三文判のように機械で製造するような印鑑については、同じものを製造することが出来る以上、偽造される可能性がありますのであまり登録印としてはふさわしくないと言えます(三文判での登録も可能ではあります)。偽造などの問題を考えると、できることなら注文して作るオリジナルの印鑑での登録が望まれます。世界に一本しか存在しないオリジナルの印鑑であれば、偽造される心配はありません。これが印鑑登録の際に注意するポイントと言えます。

可能であればフルネームの印鑑での登録を

基本的には市販されている印鑑は苗字だけを掘ったものが殆どです。しかし、苗字だけの印鑑ですと、親戚同士で重複する可能性がありますし、取り違えて使用してしまうトラブルも考えられます。ですから登録する印鑑は苗字だけでなくフルネームを掘ることが望ましいのです。フルネームの印鑑を作成するだけでオリジナルの印鑑となります。ただし、女性の場合には結婚によって苗字が変わってしまうことがあります。そのため、女性に関しては変わることのない名前だけを掘った印鑑を登録印として使用したほうがよいでしょう。(実際、名前だけの印鑑を登録印として使用している女性の方は多いのです)。このように、実印を登録する際の注意点は、印鑑に関するものとなります。現在はインターネット上で比較的安価にてオリジナルの印鑑を作成することも可能となっています。