実印を登録するにあたって知っておいた方が良い事

様々な実印の材質の違いについて

実印を作るための本体の素材には種類があります。大きく分けるとつげなどの木材系、象牙などの動物の牙や角などを使って作るタイプ、そして最近増えつつある金属系と分かれます。印鑑が出来上がる事には変わりありませんが、どんな材質を使うかによって持った時の感触や押した時の印象、そして注文する時の価格も変わってきます。自分の予算に応じて好きなものを選べばいいのですが、それぞれの材質の違いを知ることによって、仕上がりの満足度も変わってきます。可能であれば一度はお店に出かけて使われている材質を実際に手にとって見てから注文するというのがおすすめです。長く使える一本をこだわって作るのであれば、本体となる基本の印材についてもじっくり検討をするようにしましょう。

安心して使える定番の素材から選ぶ

これまで実印を作るのに利用されてきた印材は、定番のものだと木材ならつげが多いです。コスト的な面から見ても比較的安いだけでなく、仕上がりもしっかりと硬く耐久性も高いです。それ以外に良く聞くのがやはり象牙ではないでしょうか。高級品というイメージは今も昔も変わらず、ステータスを求めている方にも人気のある素材です。艶と光沢の感じられるそのフォルムの美しさは、誰もが認める一品ですが、やはり値段の高さがネックでしょうか。他にも水牛がよく使われているので、何を素材にするのか迷った時には定番のものから選ぶといいでしょう。ポピュラーな材質であれば手に入りやすいので、早く欲しい時にも対応してもらいやすいです。しっかり素材も吟味して大切な印鑑を作れるようにしましょう。

他とは違う素材を使うのもおすすめ

実印に使える印材は豊富ですから、他と同じものが嫌だと思うのであれば珍しい印材から選ぶのもよいでしょう。最近は丈夫さとスタイリッシュなフォルムを兼ね備えた、金属系のチタンも人気があります。見た目にもシルバーで硬質な雰囲気は、重要なシーンで使う印鑑にぴったりと言えるでしょう。価格もエコなものでなおかつ見た目も気になるという方であれば、琥珀や彩樺もあります。また、それ以外にも運気を上げたいということで風水の面から探して選ぶ方もいます。この場合特に天然石に人気がありますので、お店の取り扱っているかどうかも確認しながら探してみて下さい。大事な印鑑ですから、長く使えるだけでなく見たり触ったりしていても満足度が高くなるような素材を選ぶ事も重要なポイントです。